担当者を見つける

公園と花

東京は常に新しいものの導入には事欠かない街ですが、米国から輸入されてきている人気電気自動車が昨年から本格的に納車されるようになり、国産と輸入車双方で電気自動車が走り始めたことからチャージのできる燃料ステーションも広がりを見せるようになり、ハイブリッド以外にも本格的な異なる動力源をもったクルマが多く走り始めようとしているのです。
これまでは実験的な側面の強かったこうした電気自動車ですが、本格的な導入と利用台数が増えればかなり利用環境も変わってきますし、我々の生活にも大きな変化を及ぼすことになる時代がやっって来ることになりそうです。
2020年に向けても都市の構造が大きく変化するドライバーになる可能性もでてきているのです。

また電気自動車以外にも水素を燃料としてクルマが本格発売されることとなり、水素の燃料スレーションの設置も急ピッチで行われようとしています。
こちらは国内の主要メーカーが主導で開発の進んでいるものだけにさらに導入までのリードタイムは短くなることが予想され、社会に大きな変化を齎すことが予想されます。
とくに首都である東京にはこうしたサービスが積極的に導入されることは間違いありませんので、大きな社会的な変化をいち早く体験することができるようになることが期待されます。
このように東京という街は常に大きな変化の中で動いている街であり、とくに新しいものが導入されるときには真っ先にターゲットとなる地域でもありますので、その動向から目が離せない状況となりそうです。